Amazon Currency Converterを適用すると損するか?

Amazon Currency Converterを適用すると損するか?

海外のアマゾンで購入する時に、一定の条件を満たすと。
「Amazon Currency Converter」を適用し、日本円で決済することができます。

 

このように表示されます。

 

Amazon Currency Converter
「Switch Currency」をクリックして、ドルに切り替えることもできます。

 

Amazon Currency Converter
「See Exchange Rate」をクリックすると、
計算に使用されている為替レートを知ることができます。

 

Amazon Currency Converter
1ドル≒97円です。

 

Googleで検索すると、1ドル≒94円です。

 

Amazon Currency Converter
3円も高いです。
でも、これだけで損するかどうかはわかりません。
ドル建ててクレジットカード決済すると、
クレジットカード会社に伝票が送られた時点、または、
カード会社が実際に支払う時点の為替レート+手数料が請求されます。
この手数料は、カード会社によっても違いますが、だいたい1.6%だそうです。

 

仮に、為替変動が全くなかったとしても、
94円の101.6%だと、95.504円です。
注文と、確定の間に、必ずタイムラグがあるので、
為替レートは変動します。
仮に変動しないとしても、カード会社がいくらで、
換算するのかわかりません。

 

JCBの場合は、基準レートを公開しています。
http://www.jcb.jp/rate/jpy.html
前営業日のレートで計算しているようです。

 

Amazon Currency Converter

 

現在は、2013年2月25日なので、Yahooファイナンスで、
2013年2月22日のレートを調べてみました。

 

 

Amazon Currency Converter
2013年2月22日の終値に近い価格になっています。
JCBの場合は、Yahooファイナンスの為替レートで計算すれば、
だいたい合っていそうです。

 

注文確定後、何日でクレジット会社に情報がいくのか、
その時に、1ドル何円なのかがはっきりしないため、
実際に損するか得するかははっきりしません。

 

仮に、1ドル100円の場合に、
「Amazon Currency Converter」を適用すると、
1ドル103円で計算されるとします。
1ドルの商品を購入した場合、
「Amazon Currency Converter」を適用すれば、103円。
ドル建て決済なら、101.6円です。
クレジット会社で、金額が確定するまでに、
1ドル101.377円くらいになれば、
ドル建て決済で、1030円超えるので、得したことになります。
つまり、数日以内に1.377円以上ドル安になるのなら、
「Amazon Currency Converter」を適用して、
得する可能性が高いということがわかります。

 

マネースクウェアのサイトで、1ヶ月ごとの、
為替変動幅を確認することができます。
http://www.m2j.co.jp/toraripi/toranomaki/0911.php

 

これを参考にすると、1ヶ月で、1.377円変動すること自体が少ないので、
数日で、1.377円以上ドル安になる確率は低そうです。

 

なので、「Amazon Currency Converter」を適用しないほうが、
得する確率が高いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon Currency Converterを適用すると損するか?関連ページ

Amazon.comから、届いた商品が足りない場合
Amazon.comから、届いた商品が足りない場合
Amazon.comで2重請求トラブル
Amazon.comで2重請求トラブル
Amazon.comから、直送する時に箱が潰れないようにするには。
Amazon.comから、直送する時に箱が潰れないようにするには。
Amazon.comの注文履歴からインボイスを印刷する方法
Amazon.comの注文履歴からインボイスを印刷する方法

輸入ビジネスに役立つリンク


トップページ 無料プレゼント多数 メルマガ登録