Amazonアカウント閉鎖

Amazonアカウント閉鎖。

日本のAmazonのアカウントが閉鎖されました。
垢BANってやつです。

 

アマゾンは、その裁量の下で予告なく、サービスの拒否、アカウントの停止、
コンテンツの削除と編集、ご注文のキャンセル、キャンペーンまたはプロモーション等の
変更および停止を行う権利を留保します。

 

利用規約にも、しっかり書いてありますからね。
裁量で予告無しで、アカウント停止できるって。

 

規約違反や法律違反はしないように気をつけていたのですが、
過去に規約違反をしていた履歴があるという理由でアカウント閉鎖されました。
停止ではなく、閉鎖です。
確かにアマゾンが指摘していたデータもあるので、何も悪いことしていないとはいいきれません。
しかし、悪意なく違反してしまい、それに気づいて、その後、規約に触れそうな疑わしい出品は
出来る限りしないようにしていたので、無罪だと思いますが…
そもそも規約が曖昧すぎて、テクニカルサポートに聞いても、
明確な回答が得られませんでした。
過去の履歴をほじくりだして、何の連絡もなしに、
アカウント削除するなんて、長期間運営すればするほど不利になりますね。

 

数日後に、アマゾンのミスだったということで、アカウントが復活したかたも、
ちらほらいるようです。
アカウント復活の噂を聞いて、アカウントスペシャリストに、
もしかして、弊社もミスで閉鎖されたのでは?
ってメールしてみましたが、定型文が帰ってきました。

 

警告もなし、アカウントヘルスも完璧の状態で、
突然の出品権限削除、アカウント閉鎖って、
一瞬であんなに愛していたアマゾンが嫌いになりました。

 

閉鎖されてしまった場合、再開は絶望的だそうです。
こういう時のために、収入の柱は複数持っておくことが重要ですね。

 

転売はプラットフォーム依存度が高いので、
プラットフォームにNoと言われてしまうと、それで終わりです。

 

アマゾンFBAを利用して販売していると、集客、販売、配送、カスタマーサポートを
全てアマゾンがやってくれます。
とても楽で稼ぎやすいのですが、何年やっても、販売スキルがつきません。
これでは、自分のビジネスとは言えませんね。
ちょっと仕入先をよく知っているアルバイトみたいなもんです。

 

集客は広告使えばよいのですが、成約率を上げるためには、
コピーライティングのスキルが重要だと気づきました。

 

在庫がたくさんあるので、もしかしたら、アマゾンのアカウントを再取得して販売するかもしれませんが、
ヤフーショッピング、ヤフオク、ネットショップでも
販売できるようにしていこうと思います。
集客に関しては、広告を使う予定です。
物流に関してですが、現在、利用を検討しているのは、
Yahoo!ロジスティクスです。
見積もりもらって、利益出せそうなら、そちらに移行します。

 

アマゾンだけで月収100万目指してましたが、
それだと、ビジネスの継続性に疑問符が多々つくので、
複数の収入源を作りながら、収益を伸ばしていくことにします。

 

アマゾンのアカウントが一回閉鎖されてくらいで、凹んでいたら、商売なんてできませんから。

 

 

 

 

 

 

Amazonアカウント閉鎖関連ページ

Amazon出品アカウント閉鎖後、再取得と関連アカウントに関する考察
Amazon出品アカウント閉鎖後、再取得と関連アカウントに関する考察

輸入ビジネスに役立つリンク


トップページ 無料プレゼント多数 メルマガ登録