アマゾン利益概算ツール(2012/08/20 FBA料金改定対応版)の使い方

アマゾン利益概算ツール(2012/08/20 FBA料金改定対応版)の使い方

アマゾン利益概算ツール(2012/08/20 FBA料金改定対応版)の使い方です。
ほとんど、アマゾン利益概算ツール(転送業者利用、FBA出品用)と同じです。

 

これは、僕がAmazonアービトラージのマニュアルを読んで、
仕入れする商品をリサーチする時に、諸費用の計算が、
頭の中でできなかったので、を作ったツールです。

 

画面の全体像はこんな感じです。
↓(クリックすると大きくなります)
アマゾン利益概算ツール(2012/08/20 FBA料金改定対応版)

 

使い方の説明なしでもわかるように、
2000円で仕入れて、5000円で販売する場合の
数字が入力してあります。

各項目の説明

上から順番に各項目の意味を説明します。

 

●販売予定価格
いくらで販売するのか

 

●仕入価格
いくらで購入できるのか
直送にチェックを入れた場合は、送料や手数料込みの
金額を入力してください。

 

直送の場合は、複数の商品をまとめて注文することで、
個々の商品にかかる送料を減らすようにします。
そのため、どの商品をいくらで仕入れることができたのか、
わからなくなってしまいます。
それを何とかするツールが、海外アマゾンから直送の場合の単価計算ツールです。

 

●関税
関税は、海外での小売価格の6割に対してかかりますが、
このツールでは、単純に、仕入価格×関税÷100で、
計算しています。

 

例えば、小売価格の6割に対して、関税4%、消費税5%かかった場合を考えてみます。
100円のものの場合は、100×0.6×(0.04+0.05)=5.4です。

 

ということで、初期状態では5%となるようにしてあります。

 

●カテゴリ成約料
大口出品者の場合、
0円になると思います。

 

●販売手数料
カテゴリ毎に違うので、商品によって変えてください。

 

●FBAへの送料
ここは重要です。
利益に、大きく関係します。

 

FBAへの送料

 

転送業者から届いた荷物をFBAに送るとき、
まとめて送るので、どのサイズで、
何個、一緒に入れて発送するかによって、
送料が違ってきます。

 

画像では、120サイズの箱に10個の商品を入れて、
クロネコヤマトで発送して場合の料金です。
小さいもので、100個くらい一度に発送できるなら、
FBAへの送料は無視していいことになります。

 

僕は、たいてい、はこBOONで発送しています。
だいぶ安くなります。

 

●日本への転送料
だいたいの重さをグラムで入力してください。
ここも利益に大きく関係します。
1グラム0.8円で計算しています。
MyUSで何度か転送依頼しましたが、
だいたい、0.8円から1円の間だと思います。

 

だいたい、どのくらいかかるかわかるツールはコチラです。
MyUSでいくらかかるかだいたい分かるツール

 

●FBA手数料
この計算が複雑に感じますが、
重要なのは、下の画像の赤丸の部分です。

 

FBA手数料

 

ここによって、かなり手数料が違います。
体積は、よほど大きいものでない限り、
あまり関係ありません。

 

アマゾンの商品ページに、「10 x 10 x 10」といった感じで、
寸法が書いてある場合は、そこをコピーして、
アマゾンの寸法から計算の欄に貼りつければ、
体積(cm3)の欄に計算結果の体積が表示されます。

 

●「直送」チェックボックス
「直送」チェックボックスにチェックをいれると、転送業者を利用しないで、
輸入した場合の計算ができます。

 

この場合、関税と転送料金は、すでに徴収済みとして計算されます。

 

 

以上を入力すれば、利益の概算値が計算されます。

 

***************************************************
このツールが欲しい方は、
コチラのページに申し込み方法が書いてあります。

アマゾン利益概算ツール(2012/08/20 FBA料金改定対応版)申し込み方法
***************************************************

 

 

アマゾン利益概算ツール(2012/08/20 FBA料金改定対応版)の使い方関連ページ

アマゾン利益概算ツール(2012/08/20 FBA料金改定対応版)を作りました。
アマゾン利益概算ツール(2012/08/20 FBA料金改定対応版)を作りました。

輸入ビジネスに役立つリンク


トップページ 無料プレゼント多数 メルマガ登録