せどりの眼で初仕入れ成功

せどりの眼で初仕入れ成功しました。

せどりの眼で初仕入れ成功です。
今まで、なんどもブックオフに通って撃沈していました。

 

金曜日の夜に、たまたま1時間くらい時間が空いたので、
何度も撃沈したブックオフに行きました。

 

もう一度、落ち着いてせどりの眼の内容を思い出して、
商品の棚を順番に見ていきました。

 

簡単に言うと、できるだけ狭い範囲のターゲットを狙った
本を探すというだけです。

 

苫米地英人さんの本を読んだことがある方は、抽象度という言葉を聞いたことがあると思います。
苫米地英人さんは、抽象度をあげることを推奨していますが、
せどりの場合は、抽象度を下げることで、仕入れがうまくいくようになるようです。

 

よく抽象度の例としてあげられるのは、飼い犬です。
抽象度の低い順に並べると、

 

うちの犬の太郎<柴犬<犬<哺乳類<動物<生物…

 

といった感じで抽象度は高くなっていきます。

 

この例だと、せどりで狙うべきなのは、柴犬です。

 

この方法で棚をチェックして行ったら、ほとんど1円出品の本にはあたらなくなりました。
そして、プレミアム本を3冊仕入れました。
ただ、プレミアム本なので、仕入価格も高かったです。
1冊1000円くらいするものばかりでした。
単C(105円の棚)の本もうまく仕入れることが出来るようにならないと、
不良在庫になった場合、きつそうです。

さらに土曜日の朝にも

さらに土曜日の朝にも仕入れに行きました。
今まで、ブックオフに行っても、セドラーにあったことがなかったので、
ブックオフせどりはもう終わったのかなと思っていましたが、
今日は、2人もセドラーがいました。

 

一人は、赤本を手にとって、携帯で数字を入力しているおじさん。
もう一人は、ビームせどりでした。

 

ビームせどりというのは、Bluetooth バーコードリーダーとiPhoneなどのスマートフォンを使って、
棚を片っ端から、チェックするという手法です。

 

僕はスマホのバーコードリーダーで、
チェックしています。

 

Bluetooth バーコードリーダーを使ったほうが、
高速でチェックできるけど、せどりの眼
方法だと、そんなにたくさんチェックしなくてもいいので、
別に必要ないなと思いました。

 

興味があったので、ビームセドラーを観察してみました。
雑誌を狙っているようで、いくつか狙いの棚をチェックして、
15冊購入していました。
支払いは、ANAカードでEdyを使っていました。
マイルを貯めているのかもしれません。
マイルやクレジットカードのことは、コチラの記事を参照してください。
輸入ビジネスとクレジットカード

 

だいたい、30分くらいで終了していました。

 

僕もちょうどかえるところなので、駐車場にいるビームセドラーを
みかけたら、車の中で、何かリストのようなものを見ていました。
たぶん、仕入先リストだと思います。

 

「ビームせどり」を各ショッピングサイトで検索した結果です。
小型のBluetoothバーコードリーダーが検索結果に出ます。

 

 

アマゾンで検索した結果

 

ヤフーショッピングで検索した結果

 

ヤフーオークションで検索した結果

 

せどりの眼で初仕入れ成功関連ページ

せどりの眼 購入しました。
せどりの眼 購入しました。
せどりしにブックオフ行った
せどりしにブックオフ行った
せどりの眼と仕入先の関係
せどりの眼と仕入先の関係
せどりで最低金額で出品すべきか?
せどりで最低金額で出品すべきか?
せどりの眼の実践成果
せどりの眼の実践成果

輸入ビジネスに役立つリンク


トップページ 無料プレゼント多数 メルマガ登録