開業届けは郵送で出せる。

開業届けは郵送で出せる。

開業届けは郵送で出せるそうです。
去年は、開業届出しそびれたので、
今年の元旦からということで、開業届けを提出しようと思います。

 

そもそも、数年前から、アフィリエイトの収入があるので、
開業届は、出しておいたほうが良かったようです。
会計士の友人の話によると、副業でも原則として開業届をだすべきということです。

 

個人事業関係の本を読んでいると、脱サラして開業届を出して、
個人事業を始める話ばかりなので、サラリーマン+個人事業主の
ことがよくわかりません。

 

いろいろ調べた結果、
例えば、3月までは開業届けを出していなかったけど、副業で
収入があった場合は、3月までの副業の収入は雑所得、
それ以降は、個人事業主の所得として、確定申告すればいいようです。

 

その場合、事業主控除の290万円は、どうなるのかわかりません。
1年間の通算で計算するのだと思いますが…。

 

開業届けは郵送で出せるという話に戻りますが、
申請書は、国税庁のホームページからダウンロードできます。

 

開業届は、「個人事業の開業・廃業等届出書」です。
青色申告するためには、「所得税の青色申告承認申請手続」を提出します。
さらに、家族に給料を支払ったりする場合は、「青色事業専従者給与に関する届出手続」を
提出します。

 

僕は、来年の確定申告がややこしくならないように、元旦に開業したということで、、
開業届を提出します。
さらに、来年は青色申告できるように、青色申告承認申請だします。
たぶん、ダメだったら、認めてもらえなくて、白色申告になるだけです。

 

正副二通、返信用封筒に切手を貼って、同封すれば、
控えを送ってくれるそうです。

 

 

開業届けは郵送で出せる。関連ページ

開業届け 提出して来ました。
開業届け 提出して来ました。

輸入ビジネスに役立つリンク


トップページ 無料プレゼント多数 メルマガ登録